初めましてこんにちは、離婚してください24話のネタバレと感想

comic Berry’s(スターツ出版)で連載中の「初めましてこんにちは、離婚してください」(作画・七里ベティ、原作・あさぎ千夜春)第24話のネタバレと感想をご紹介します。

※文字のみのネタバレですが、内容を知りたくない人は注意してください!

 

文字だけじゃなくて、ちゃんと漫画を読みたい!
という人には600円分の漫画が今すぐ無料で読めちゃう「U-NEXT」がオススメです♪

\初回無料会員登録で600円分のポイントをGET!/

 

初めましてこんにちは、離婚してください24話のネタバレ

ロンドンに滞在中、正智にゆっくりして来なさいと言われて落ち込む莉央を、友哉は美術館巡りに誘います。

そしてユーロスターでパリまでやって来た莉央と友哉を、友哉の祖母マリア・イザベラが駅で待ち構えています。

莉央と友哉は、イザベラと一緒に車の後部座席に乗せられています。

なぜパリに来たのか尋ねるイザベラに、友哉は、莉央に美術館案内をしようと思っていたと話します。

美術館巡りもいいけど、もっと大事なことがあるでしょうと促すイザベラ。

友哉は、今日が自分の誕生日であることを莉央に説明します。

イザベラは、今日の夜、盛大な誕生日パーティを開催するので、莉央も参加してねと誘います。

もう自分は28歳だからと断ろうとする友哉ですが、イザベラは意に介さずに忙しくなるわ~と嬉しそうです。

お屋敷のセーヌ川が見渡せる部屋に案内された莉央。

莉央はその景色に見とれながら、正智が背中を押してくれたからこの景色も見られたのだと感謝します。

正智と一緒にこの景色を見たかったなと思いながら、莉央は部屋の窓辺でスケッチを始めます。

ふと莉央が顔を上げると、かわいい男の子が部屋の中をのぞいています。

夜になり、友哉は鏡の前で、莉央をサロンに連れていく計画が台無しになったと考えています。

おばあさまには逆らえないし・・と観念した友哉は支度を終え、パーティ会場の大広間に足を運びます。

大広間には親族が大勢集まってそれぞれに交流を深めています。

おこぼれ目当ての親戚連中・・・と蔑みながら歩く友哉を、イザベラが見つけて呼びかけます。

イザベラは友哉にハグし、お誕生日おめでとうと言います。

仕事が忙しくてなかなか顔を出せなくて・・と謝る友哉に、イザベラは莉央に視線を向けて彼女が仕事なのかと尋ねます。

そうだと答える友哉に、友哉のいい子ではないのかとイザベラは楽しげに耳打ちします。

友哉の従弟のアンヘルというかわいい男の子と大広間の一角のソファで手遊びをしている莉央。

莉央を見やりながら、そんなんじゃありませんよとイザベラに否定する友哉。

友哉のもとに親戚連中が何人か近づいてきて、随分荒稼ぎをしているようだが金儲けは楽しいかと皮肉を言います。

友哉の叔父だけは、大事な甥だからとかばってくれようとします。

親戚連中は友哉に、日本人の血が流れていることや、金を稼ぐことが性に合っているなどと陰口を叩きます。

友哉は彼らに向かって、おかげで餌を与えられる家畜にだけはなっていないと皮肉を返します。

横で聞いていたイザベラは高笑いをし、そういう友哉が好きだと言い、この話は終わりだとみなに言い含めます。

そのとき、莉央の手を引きながら、アンヘルがおばあちゃまと駆け寄り、手作りの勲章をイザベラに手渡します。

イザベラは喜んでアンヘルを抱き上げ、周りもつられて和やかな雰囲気に戻ります。

そっと席をはずす友哉を目で追う莉央。

友哉はセーヌ川の河畔に腰を掛け、だから来たくなかったんだと反省しつつ落ち込んでいます。

莉央がここにいたんですねと、友哉の隣に腰掛けます。

友哉は、先ほど、アンヘルと一緒にあの雰囲気に割って入ってくれたんですよねと尋ねます。

莉央は何となく嫌な感じがしたので、そうしたのだと友哉に伝えます。

友哉は、自分の母が一族に反対されながら日本人の父と結婚し、祖母だけが味方してくれたこと。

ただ、いまだに差別意識が強く、自分は母方の親族が苦手なのだということを莉央に告白します。

そして反骨心によって仕事にばかり浸ってしまっているとも伝えます。

莉央は、仕事をすることでひとりの人間として認めてもらいたかったのですねと友哉に語り掛けます。

私もそうでしたからと振り返る莉央。

画を描くことで、つらい現実から逃れ、また生きる意味を見い出していたと莉央は続けます。

ただ今は少し違ってきていて、大切な人の存在が、自分の世界に色をつけてくれたと莉央は恥ずかしそうに言います。

だから、自分を傷つける人ではなく、大切に想ってくれる人の言葉を大事にしてほしいと莉央は友哉に伝えます。

そして莉央は、アンヘルと作った勲章の一つを友哉の胸につけてあげます。

友哉は莉央に手を伸ばそうとしますが、莉央の首に、指輪を見つけて思いとどまります。

28歳のお誕生日おめでとうと満面の笑みで祝福する莉央。

友哉は照れながら、気持ちを抑えながら、ありがとうと返しました・・・

 

⇒「初めましてこんにちは、離婚してください」25話のネタバレに続きます

 

初めましてこんにちは、離婚してください24話を無料で読む方法

ミケ
「初めましてこんにちは、離婚してください」の24話を今すぐ無料orお得に読みたい人には、電子書籍配信サービスや動画配信サービスがおすすめです♪
「初めましてこんにちは、離婚してください」を配信中の電子書籍サービス一覧
配信サービス名 特徴
U-NEXT
  • 初回無料会員登録で600円分のポイントGET!
  • ポイント利用で「初めましてこんにちは、離婚してください」を今すぐ無料で読めます♪
ebookjapan
  • 会員登録無料
  • 初回購入50%OFFクーポンGET!
まんが王国
  • 会員登録無料
  • 毎日最大50%ポイントバック
※その他の漫画を無料&お得に読める電子書籍サービスこちらから ≫
クロ
配信サービスはたくさんあって、どれを選べばいいのか悩むなぁ~
ミケ
「初めましてこんにちは、離婚してください」を無料で読みたいなら、「U-NEXT」が一番オススメだよ♪

 

U-NEXTなら、初回無料会員登録時に600円分のポイントがもらえるので、600円分の漫画を無料でGETできちゃいます♪

※ちなみに無料トライアル期間中に解約すれば、月額料金は一切かかりません。

百聞は一見にしかず!

まずは無料トライアルでU-NEXTを楽しんでみてください☆

 

U-NEXTでお得に漫画を読む方法について詳しく知りたい人はこちら↓

あわせて読みたい

U-NEXT(ユーネクスト)といえば、映画やアニメ・ドラマなどの動画が見放題できる動画配信サービスとして有名です。 動画だけでなく電子書籍も配信していて、名作から最新作まで幅広いジャンルの漫画が読めることもU-NEXTの魅力の一つとな[…]

 

初めましてこんにちは、離婚してください24話の感想

莉央をビジネスパートナーとして利用するため、友哉は投資家が集まるパリのサロンに莉央を連れて行こうとするも、スペイン貴族のおばあさまに、まんまとパリに入ったところを押さえられてしまう二人。

友哉が少し浮かない顔をしていることに気づいた莉央は、友哉の誕生日パーティでその理由を察します。

友哉は、自分の父が日本人であることで母方の親族から差別的な発言を繰り返されることで疎遠になっていること、そして彼らを見返すために、仕事に没頭していることも莉央に吐露します。

莉央はそんな友哉に自分のことを話しながら、自分を大事にしてほしいと伝えます。

世間知らずで素直すぎる莉央。

誰にでも優しく気持ちを分かち合える莉央。

でも友哉くんも男の子なのだから、頼むから莉央ちゃん、警戒心を持って~!と祈る読者代表です。

莉央の気持ちが変わることはないと思っておりますが、友哉vs正智の今後どうなるのか分からないので楽しみです!

まとめ

「初めましてこんにちは、離婚してください」24話のネタバレと感想をご紹介しました♪

文字だけじゃ伝えられなかったところもたくさんあるので、気になった人はぜひ漫画を読んでみてください☆

U-NEXTで「初めましてこんにちは、離婚してください」を無料で読む ≫

おすすめ電子書籍サイトランキング

  • U-NEXT(ユーネクスト)
    5

    漫画も無料で楽しみたい人にオススメしたいのが、「U-NEXT」!

    31日間の無料トライアルで、登録時に600円分のポイントがもらえるから、すぐに読みたい本が600円分無料で読めちゃう最高のサービスです♪

    人気作品から最新作まで幅広い女性向け漫画がたくさん配信されています☆

  • コミック.jp
    4.5

    とにかく漫画をたくさん無料で読みたい!という人には、「コミック.jp」が一番オススメです♪

    30日間の無料トライアルで、登録時に1,350円分のポイントがもらえるから、すぐに読みたい本が1,350円分(マンガ約2冊分)無料で読めちゃいます!

    しかも、無料トライアル期間中に解約すれば、月額料金は一切かからないので実質1,350円分タダで漫画が読めちゃいます。

  • まんが王国
    4

    漫画だけをたくさん読みたい人には「まんが王国」がおすすめです♪

    無料漫画・電子コミックが3,000冊以上!

    会員登録無料で、1冊丸ごと無料や期間限定無料漫画が多数そろった漫画好きに大人気の電子書籍サービスです。

    まんが王国だけの先行配信作品もあるので、いち早く読みたい作品がある人は必須です!